​統合栄養理論

バイオインディビジュアリティー(生物個体性

誰にでもフィットする食事法やライフスタイルというものはありません。

それは私たちの年齢、性別、体格、生まれながらの環境や文化などの違いから、誰一人として同じ人が存在しないからです。

ある人にとっての「食べ物」が、他の人にとっては「毒」になる。

その人の体に必要な食物がどんなものか、その人と相性の良い食べ物は何か

を個体レベルで探っていきます。

・心にも栄養を

口から毎日摂取する食物を体の栄養素とよぶとき、私たちの心に影響をもたらすような人生の領域(仕事、人間関係、精神の成長、身体運動など)を心の栄養素とよんでいます。

この心の栄養素は、私たちの全体的な健康とウェルネスを改善する上で、

食事のプレートの上に並ぶ実際の食べ物(体の栄養素)以上の役割を果たします。お腹が空く理由は、単に体の栄養不足が原因とは限りません。

私たちは人生を繁栄させるため、食べ物を超えて、人とのつながりや心の安定、より高い目的、人生の中での自己表現などによってもまた、大切な「栄養」を与えられているからです。

完璧な食事を摂り、毎日運動に励んでいても、ストレスの多い仕事をして

いたり人間関係に悩んでいれば、本当の健康とウェルネス実現の可能性には到達できません。

この理論の下、心の栄養素の充実を優先的に図ることを考えます。

・あなたの体が、あなた自身を癒す

体は正常に戻る力を秘めています。体は外部から入り込む害から自身を守るように設計されています。心臓は休むことなく鼓動を刻み、肺は呼吸を決してやめることがありません。適切な構成要素が与えられれば、体は健康へと向かっていくようプログラムされています。

・型にはまらない

あなた自身が「自分オリジナル」であることに気を配って欲しいと考えています。

あなたの好きな服を着て、思うように生きてよいのです。自分を隠したり他者に迎合する代わりに、あなたのユニークさを受け入れ、祝ってください。「普通」や「通常」とは逆をいっても良いのです。

・あなたは、あなたが食べるものでできている

口から摂取した食べ物が、あなたの血流に入り、血液はあなたの細胞、組織、器官を作り出しています。食べ物は、あなたを再生させる力を持っています。

・クラウドアウト

体に不要と思われる食べ物を一方的に取り除こうとするのではなく、必要な食べ物を食事にどんどん取り入れることによって他の食物を摂る余裕をなくし、結果的に不要な食物を押し出すような状態をつくりあげます。

よくありがちな「〇〇フリーダイエット」や「ノー△△ダイエット」のように、自分の欲求に反しその食物を剥奪してしまうような食事法はしばしば失敗に繋がり、個々に全く異なるレベルの問題を引き起こすかもしれないからです。

・完璧を目指さない

健康的な食生活を維持する上で大切なのは、自分にプレッシャーをかけすぎないことです。誰でもたまにはスイーツを食べたいと思うし、パーティーがあればハメを外して好きなものを楽しみたいでしょう。90パーセント体に良い食物を摂り入れるようにすれば、残りの10パーセントは「チート」しても良いと考えます。

無理をかけることで別のストレスを呼び込まないように、自分にご褒美をあげる余裕も大事です。

・体のメッセージをきき、食べたい欲求を解体する

私たちの体は、私たちが思っているより複雑にできています。体がお菓子やアルコールを求めているとき、それらの症状はおそらく間違いではありません。体のシステムに調和していない部分がバランスを取ろうとしているのです。食べたい欲求に走ったら、体のメッセージに耳をすませることが大切です。

・基本的な食生活とライフスタイルを変えると、

ほぼ全ての人がほとんどのものから回復できる

世界は様々な人々、文化、慣習のるつぼです。とはいえ、あくまで人間にとって基本的な食生活やライフスタイルの変化は、ほとんどの人を回復へと導く指針になります。私たちは常に最良の食事方法を理解したいと思っていますが、数え切れないほどのダイエット本や製品に混乱し、基本的なダイエットとライフスタイルの変化の重要性を遠ざけてしまっています。