Profile

​  Harumi Seki(ハル)
米国代替医療協会公認統合食養ヘルスコーチ
(Certified Integrative Nutrition Health Coach)
IIN_HealthCoach.png

こんにちは。ハルです。

ニューヨークに拠点を構える世界最大の統合食養学の専門学校IIN

(The Institute for Integrative Nutrition)にて、包括的な栄養学とヘルスコーチングを学びました。もともと健康や栄養についての興味があり、過去にはピラティスインストラクター認定を取得。その経験を活かし、必要に応じてセッションプログラムにピラティスエクササイズを取り込むなどオリジナリティー溢れるコーチングを提供していきます。

趣味は歌うこと、料理番組を観ること、そしてピラティス。

特技は人の話を聞くこと。勘がよいこと。

アメリカ在住、2児の母。

05DEA0BA-1400-49A9-B3EB-020C21EF7A5F.jpe

My Story

ピラティスと出会った30代

もともと体は丈夫で、怪我や病気とは無縁の私が健康を深く意識し出したのは、30代に入ってから始めたピラティスがきっかけでした。エクササイズを始めて半年ほどで体のフォルムに劇的な変化が現れ、今まで衝動ではしっていた短期ダイエットではなく健康的にダイエットするということ、かつ継続することの重要性に気付かされます。エクササイズ開始以来、それに呼応するように食事の摂り方にも自然と気を配るようになっていました。

後に興味が加速してピラティスインストラクターの認定を取得。その後に出産、渡米しました。

  海外で子育て、抗えぬ40代の不調

ピラティスを続けたおかげで、産後の腰痛や体力減退などの様々な不調を最小限に食い止めることはできたものの、食生活の方はアンバランスになっていました。初めての子育て、海外生活という大きな環境の変化がストレスを呼び込み、甘いものに走ったりお酒の量も少しずつ増えていきました。それでも30代は何とか体力で乗り切れていたものの、40代に入るとそうはいきません。肌の調子やホルモンバランスなどに徐々に変化が見え始め、不眠や胃痛、腸の不快感などが次々と現れるようになってきたのです。大好きなピラティスをしているのに疲れやすく、地に足着かないような浮遊感も出てきました。もう運動だけでは健康を維持できないことも、食生活を変えなければならないことも理解していながら、日々の忙しさの中で自分の体は後回しにし、一時凌ぎに薬で痛みを抑え、体をなだめてやり過ごしていました。

  悲しみと喪失、そしてIINとの出会い

そんな中突然、私生活に大きな変化が訪れました。別居、そして離婚でした。私は自分でも訳のわからないうちにどん底まで落ちていきました。不安、孤独、喪失、焦燥…今まで持ったことのない種類の感情がトルネードのように渦を巻いて心の中に吹き荒び、身も心もバラバラになりかけた時、いよいよ追い込まれて「これじゃダメだ、今自分を立て直さなくちゃいけない!」という強い欲求に駆り立てられ、不思議なくらい自然な流れでIINという学校の存在を知ることになりました。そこは健康について学べる食養専門学校で、自分の興味のある食と栄養、そして心の学びができる場所でした。今の私にはここしかないと言われているように感じ、迷うことなく入学を決めました。

勉強していく中で、私は今までいかに自分自身をおろそかにしていたのかを思い知らされます。健康になるためには、自分の心と向き合う作業が必要でした。自分が本当はどうしたいのか。時にはスピリチュアルな分野にさえ踏み込み、精神の成長の必要性も学びました。心と体のつながりを知れば知るほど、40代からの体の不調の原因、離婚に至った理由、乱れた食生活の背景にあった心の状態など、今まで不透明だったものが形を成して胸の中にすっと落ちてきたのです。「腑に落ちる」とはまさにこのこと、「あーそういうことか!」という、思わず膝を叩きたくなるような爽快感が走りました。

以来、私の食生活トランスフォームが始まり、現在も続いています。自分の心と体が納得するまで何度も試し、相性のよい食べ物は何かを追求する日々です。そんな私にも、今では幸せの形がどんなものかを具体的に頭に思い浮かべることができます。そしてゴールに向かって進む自分の周りには、いつも風通しの良い空気が流れているように感じ、自らを否定的に考える自分はもうどこにもいません。あれだけ悩まされていた胃痛はいつの間にか消え、服用していた薬は全て要らなくなりました。

思い返せば、体の不調から食改善を意識し始めた30代後半から、自分を変えるためのアクションを起こすまで、とてつもない時間がかかりました。そこにはいつも「変わる恐怖」があったからです。何かを変えるときには必ず恐怖が伴います。そのために、やらない言い訳を色々とつけて先送りにしていた自分。けれどヘルスコーチングで得た学びは、私に生まれ変わるためのヒントをたくさんくれたのです。あの時のフワフワした変な浮遊感や不眠の原因も今でははっきりわかりました。私の場合は、ヘルスコーチングへの学びを知るきっかけは離婚という出来事があったからにほかならず、逆に言えばそれほどの一大イベントがない限り、自ら変わろうと行動を起こすことは難しく、実際に私と同じように悩んでいる人、トランスフォームしたいけれどその方法がわからない人、何か始めるきっかけが欲しいと思っている人はたくさんいるはずだと思いました。それはとても残念なことです。

だったらその人たちの背中をちょっとだけ押す…これから私は、そんな存在になれないだろうか。「大丈夫」って、勇気づけられないだろうか?

最初は自分自身のために始めた勉強へのモチベーションが、他の人たちの心を動かしていくための起爆剤へと変わった瞬間でした。

それが今、私がヘルスコーチである理由です。